手持ちの化粧品の効果を高めるブースターの使い方を紹介します

1. 化粧品の効果を最大限にするブースターの使い方

普段から使っているスキンケア用の基礎化粧品(化粧水、美容液、乳液、クリーム)に加えて最近使っている人が増えているのがブースター(導入美容液、ブースター美容液)になります。ブースターを上手に使うことで手持ちの化粧品の効果を最大限に発揮することが可能となります。そのためにしっかりとまずは使い方を確認してくださいね。

1-1. 正しいブースターの使い方で化粧品成分の浸透を助ける

手持ちの化粧品の効果を高めるためにはブースターの使い方がポイントとなりますが、そもそもブースター(booster)の意味ってご存知ですか?ブースターには後押しをするものという意味があり、美容業界においては、一緒に使用する基礎化粧品の効果を後押しすることを目的として開発された化粧品になります。

使い慣れた化粧水のはずなのに、どうも浸透しにくいなって感じたことはないでしょうか?もちろん肌の調子や加齢なんかも理由となり得るのですが、このような時には肌の状態としては角質層までしっかりと水分が届けられていません。つまり、洗顔後の化粧水だけでは肌を潤わせるには不十分ということです。肌に十分な水分がない状態が続くとどうなるでしょうか?女性にとっては大敵のシミやシワができやすくなるのはもちろん、ありとあらゆる肌トラブルを引き起こしてします原因になりかねないと自覚しましょう。

そんな時に強い味方になってくれるのがブースターです。化粧水をしっかりと角質層まで届けようと思ったら、乾燥して古い角質が何重にも積み重なってしまった肌表面を柔らかくすることが欠かせません。この役割を果たしてくるのがブースター(導入美容液)というわけです。しっかりと水分がキープされればターンオーバーもスムーズに行われますので、老化などの肌トラブルから守ってくれます。正しい使い方でブースターを他の化粧品を使うことで肌が乾燥しにくくなり、余分な皮脂の分泌を防止する効果もきたいできます。余分な皮脂はメイク崩れの原因となりますので、この点においてもブースターを使うことはおすすめです。

1-2. 手持ちの化粧品を買い替える必要はありません

正しいブースターの使い方をするだけで手持ちの化粧品の効果が高まるなんて素敵ですよね。特にライン使いをしている人なんかは化粧品を変えるとなると、1種類にとどまりませんから結構経済的にも負担がかかります。引き続き同じものを使いながらその効果は高められるというのが非常にうれしいところです。

ただし、一点だけ気をつけたいのはブースターを単体で使っても思うような効果は期待できないということです。あくまでもブースターの使い方としては他の基礎化粧品の前に塗ることでその効果が発揮されるということですので、勘違いされないように注意してください。実際にいろいろな種類のものが販売されていますので、ご自身にあったものを見つけてください。

最後に

ブースターの正しい使い方は他の基礎化粧品の前に塗ることで後から使った化粧品の水分や美容成分の浸透を助けることにあります。すでに手元にあるものにプラスするだけですから、経済的にも気軽に始められますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする