美容にぴったりのおすすめなお風呂の入り方|内側から肌をきれいに

1. 美容のためにおすすめのお風呂の入り方を実践して肌を内側からキレイに

お風呂が美容のためにおすすめな理由は身体中の血行を良くしてくれるからです。それと一緒に体を暖かくすることで毎日の生活の中でたまっているストレスを和らげてくれる精神面のリラックス効果も期待できます。お風呂上りに肌にしっかりと潤いをボディオイルやクリームを使ってプラスしてあげるのも美容面での効果を高めるためにはおすすめです。

1-1. 身体中の巡りが悪化することによる嬉しくない効果とは?

お風呂を美容のためにおすすめする一番の理由は身体中の血行を良くして巡りを改善することにあります。こちらでは巡りの悪化による肌に現れる嬉しくない効果についてお伝えします。

女性の多くが毎日の生活のなかでストレスにさらされています。これを上手に発散できるうちは良いのですが、ついつい自分の中にためてしまいが気になってしまいます。その結果として身体中の巡りが悪化してしまい、それは肌にも見逃せない(悪い意味での)効果を発揮してしまいます。具体的な症状としてはカサカサした乾燥した肌となり、艶やかさを失った残念な質感になる可能性があります。

その影響は肌に限りません。ストレスにさらされた女性の体内ではホルモンバランスが男性ホルモン優位になってしまい、体つきが女性のものとは反対のゴツゴツ感が現れてしまうことも。女性らしい丸みのある特徴が失われてしまう可能性すらあるわけです。こうした状況のあなたにおすすめしたいのは美容との関わりも深いお風呂にしっかり浸かることです。巡りの改善はもちろんのこと精神面でのリラックス効果も期待できます。

1-2. 充実した入浴のためにおすすめしたい5つのポイント

お風呂をしっかりと入ることで美容効果を高めるためにおすすめしたい5つのポイントを紹介します。

1つ目は寒い季節にはあえて全身浴をということです。世間では美容のためには半身浴がよく知られていますが、寒い時期にはしっかりと首までつかる全身浴をおすすめします。より短い時間でしっかりと全身が温められて、巡りが良くなることにつながります。

次に紹介するのはシャワーで温めてから湯船に入るというものです。これは実際に湯船に浸かった後により短時間で全身が温まるためのポイントです。具体的な方法としては5分ほどかけて、首の付け根・デコルテ・ワキ・肘の内側・お腹・腰・足の付け根・膝の裏・足首などをシャワーで温めてから湯船に入ることをおすすめします。

3つ目に紹介するのはキャンドルを点けてリラックス効果を高めるということです。蛍光灯よりも温かみのある明かりが精神面での安定のためにも重要な働きをしてくれることでしょう。4つ目は手を使ってやさしく体を洗うです。肌に余計なダメージを与えないための対策になります。手の届かない箇所についてはシルクやマイクロファイバーなどの肌に優しい素材でできたタオルを使いましょう。最後のポイントは体を拭く前にボディオイルを使うというものです。肌が濡れた状態でボディオイルを使用することによってより多くの水分と油分を体の中に入れることができます。もちもち肌のために是非とも取り入れていきたいポイントです。

最後に

美容のためにお風呂がおすすめな理由を体の巡りの良し悪しと肌の状態の関係について紹介しました。その上で、どのような入浴方法がその効果を高めるためには特におすすめなのかについても具体的にお伝えしました。毎日の生活に少しずつでも取り入れてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする